優等生なチタン印鑑

  • RSS

印鑑の材質というと木製、象牙などの印象が強くなりがちですが、ここ数年では金属製、主にチタン素材が注目されています。

チタンとは鉄とアルミの中間の材質で非常に軽く、たとえ海水に触れたとしても錆びることもなく手入れが非常に楽なことが特徴です。

また、非常にソフトタッチであることから手のなじみがよく、ピアスやネックレスなどのアクセサリーにも非常に多く使われているぐらいの材質だけあって、
そのやわらかさから印鑑として押しやすく、また余分な朱肉を吸い上げないことから印章材としては文句なしの材質と言えます。

特におすすめしたいのが、実印や代表印といった重要書類に捺印することになる印鑑です。割れる心配がないことと、耐熱性にすぐれていることから万が一である火災に強いということは、財産である印鑑にとっての強みになることは間違いありません。
更に最近ではチタンの中でもカラフルなバリエーションから色を選択することも出来ることから男女問わず人気が高く、見た目のスタイリッシュさでも楽しむことが出来る印章材となっています。

しかしそんな優等生なチタンにもデメリットはあります。
それは材料費の高さとその硬さ故に加工の手間がかかる点です。加工の手間がかかるということは職人の技術も必要ということになるので、それなりのお値段になってしまうことは頭に入れておいた方がいいでしょう。

実印や代表印は立派な財産との認識をお持ちの方には是非チタンの印鑑をおすすめしたいと思います。
あなた好みの素敵な印鑑に出会えますように。

このページの先頭へ